カントン包茎とは|最悪の場合は性器の壊死に繋がる

包茎というのは男性にとっては不名誉な単語だととらえられる場合がほとんどです。ところが日本人の場合は半数以上が包茎だと言われているほど比率が多いものなので、包茎だったとしてもあまり落ち込むことはありません。ましてや簡単に亀頭を露出させることができる「仮性包茎」であれば、入浴時に清潔に洗う事さえきちんとするだけで特に後ろ指を指されるようなことはないでしょう。

しかし自分で亀頭を露出させることができない真性包茎の場合は注意が必要です。そして真性包茎の中でも「カントン包茎」と呼ばれている物に関しては早急に治療しなければいけません。

カントン包茎とはどういった状態か

カントン包茎は漢字で書くと「嵌頓包茎」という文字になります。このうち「嵌頓」というのは「腹壁の間から内臓が出てきてしまって元に戻らない状態」の事を指します。嵌頓の意味合いからして危険な状態であることがなんとなくわかるのではないでしょうか。

この嵌頓が包茎と合わさったものが「カントン包茎」と呼ばれている状態になります。つまりペニスの皮をむいた後で狭い包皮口によって亀頭が締め付けられてしまい、元に戻らなくなっている状態です。
このカントン包茎というのは包茎の中でも最も危険な状態で、亀頭が締め付けられているために性器部分に血が回らなくなってしまい、そのままにしておくと細胞部分が壊死してしまう恐れがあります。

自分自身で無理やり向いてカントン包茎にならなかったとしても、性行為によって無意識のうちに剥けてしまったことが原因でカントン包茎になってしまう事もあるので注意が必要です。

包茎になっている人の割合は日本人ではおよそ7割といわれていますが、そのうちカントン包茎になっている人の割合は1パーセント未満だとされています。具体的な比率で言えば日本人の男性のうち、5,000人に1人はカントン包茎という割合です。

包皮口が狭いことによるデメリット

カントン包茎は包皮口が極端に狭いことによって引き起こされる包茎ですが、包皮口が狭いことによってさまざまなデメリットが生じます。包皮口が狭いことによって生じる一番のデメリットは性器部分が締め付けられることです。勃起したときに包皮が向けてしまい肥大した亀頭が露出すると、狭い包皮部分が亀頭を締め付けて血液が循環しなくなり、鬱血した状態になります。そのままにしておくと細胞に栄養が回らなくなって性器部分が壊死してしまう恐れがあるため本当に危険です。

包皮口が狭いことによるデメリットはそれだけではありません。包皮口が狭いという事は結果的にどれだけ頑張っても亀頭全体を露出させることができないので、どうしても洗えない部分が出てきます。すると老廃物や細菌などがどんどん貯まっていくのでとても不衛生な状態になります。するとそこから悪臭を放つため、性行為をした時などにパートナーに嫌がられる恐れもあるでしょう。

この状態をそのままにしておくとペニス部分で炎症が起きやすくなりますい、炎症によって傷ができた場合、性病に感染する可能性がとても高くなります。こうなってしまう前に早急にカントン包茎は治療しなければいけません。

カントン包茎の治療法

包茎によって悩んでいる人を解決するための包茎治療がありますが、カントン包茎の場合も同じように包茎治療によって治療することができます。包茎治療についてはあまり人に知られたくないという思いや、治療時に痛いのではないかとかんじるため敬遠する人も居ますが、カントン包茎の場合は放置すると大変なことになることは目に見えているので早急に思料することが望ましいです。

仮性包茎でもカントン包茎でも包茎治療にはそれほど大きな差はなく、包茎の状態をチェックし、扶養を思われる包皮部分をカットすることで症状を改善させます。とはいえ、細かい部分はその包茎の状況によって異なるので、気になる人は一度クリニックへ行き、医師と相談するようにしましょう。
ネットにはさまざまな包茎治療の情報が掲載されていますが、それが治療法のすべてではありません。

医師としっかりとカウンセリングをすることによって自分に一番適した治療法を見つけることができるのです。
また治療期間についても気になる人が居るかもしれませんが、最近は治療法も進歩しており、日帰りで手術を行ってくれる病院も多いため長期的に休暇を取らなければいけないという事はありません。

まとめ

日本人男性の7割が包茎だと言われていますが、カントン包茎はそのうちわずか1パーセントと極めてまれなケースです。しかしカントン包茎は包茎の中でも最も危険な状態であり、放置しておくと締め付けられた性器部分が鬱血して最悪の場合は細胞が壊死することもあります。

そのほかにも露出できないので亀頭部分をしっかり洗う事が出来ないことから衛生的にもあまり良くありませんし、洗えない部分に溜まった老廃物や最近が原因で炎症を起こしやすくなり、そこからさらに性病に感染する恐れがあるなどデメリットが多いです。時間を見つけて早急に治療しましょう。

参考サイト
カントン包茎の治療ならメンズサポートクリニックへ
日帰り30分で美しく綺麗に仕上げます!