カントン包茎の手術は保険適用が可能

カントン包茎の手術は保険適用が可能

カントン包茎の治療への保険適用の可否

勃起すると亀頭が露出する仮性包茎は、見た目の問題や衛生面でのケアなどを除けば特に手術などの積極的治療は必要ありません。しかしカントン包茎と診断されたときは、手術で治療することが必要です。カントン包茎とは包皮口から亀頭が露出したまま締め付けられた状態になり、血流も阻害されるのでいたみなどの自覚症状だけでなく、ペニスの細胞が壊死する可能性があるからです。
手術となると気になるのが費用の問題。カントン包茎は基本的に治療が必要で、放置するのは危険な疾病なので保険適用の対象になることが多いようです。保険適用されたばあいの手術費用は1万円から3万円ほどですが、医師が継承と判断した場合は保険適用されない可能性は否定できません。だいたいカントン包茎を保険適用外で受けた場合は、10万円から15万円ほどが相場になっています。具体的にどのような手術法が選択されるかは、包茎の状態やペニスのサイズや包皮口の状況でことなります。

カントン包茎の手術の種類

仮性包茎の場合は亀頭のサイズを大きくすることでも改善をみこめることがあり、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの注射という選択肢もあります。しかし包皮口が狭いことに起因するカントン包茎では、亀頭増大による改善を期待することが出来ないので、基本的に切開する手術を選択することになります。
ところでカントン包茎の手術では、背面切開法か亀頭直下埋没術の二種類が主に実施されています。背面切開法では、狭い方向口が広がるように、縦に切り込みを入れて亀頭が露出した上程にして、広がった状態を維持したまま縫合する方法に鳴ります。包皮を切除しないのが特徴で、包皮が長いと述語は仮性包茎になる可能性があります。亀頭直下埋没術は、包皮をおろしてから余計な皮膚を切除します。冠状溝の箇所で縫合するので傷跡が目立たないというメリットがあります。またツートンカラーになってしまう事態をさけることが出来るのもメリットです。

まとめ

カントン包茎は放置すると壊死や感染症のリスクが高いので、手術による治療が必須です。ただし包皮口が狭いのでヒアルロン酸などのたんぱく質を注射する亀頭増大術は妥当ではないので、切開する手術から選択されます。主な手術は背面切開法と亀頭直下埋没術になります。いずれにせよ、カントン包茎の手術は保険適用されることが多いようですが、症状の程度は軽度と判断されると保険適用外になる可能性はあります。相場は保険適用外の場合は10-15万円ほどになっています。