カントン包茎の機能面でのデメリット

カントン包茎の機能面でのデメリット

ペニスの成長を妨げてしまうおそれあり

包茎といえば、平常時には包皮が亀頭をおおっているものの勃起時には先端が露出する仮性包茎と、勃起時でも包皮が亀頭をおおったままの真性包茎の2種類があることはよく知られていますが、この他にもう1つ、カントン包茎と呼ばれるタイプもあります。
カントン包茎は包皮を手で剥こうとすれば剥けるものの、包皮の口径が小さいために途中までしか剥けなかったり、無理に剥こうとすると痛みを感じたりする状態を指します。他の2つの場合と同じく、成人になってもこの状態だと自然に治るということはなかなかありません。
カントン包茎の場合、亀頭が普段はおおわれているため刺激に弱く、ちょっとしたことで炎症を起こしやすいというデメリットがあります。また、包皮と亀頭の間に雑菌がたまりやすいので、感染症にも注意が必要です。
さらに、機能面におけるデメリットもあります。その1つが、成長過程に起こる性器の発育不全です。これは、亀頭が絶えず押さえつけられてしまうことが原因です。

タイプによって早漏にも遅漏にもなる

機能面のデメリットといえば、カントン包茎は性交時にもさまざまな問題を引き起こすことがあります。そのうち最も深刻なのは、痛みです。無理に亀頭を露出させた状態で勃起すると、包皮が亀頭を締め付けて強い痛みを感じます。挿入後の摩擦によって、包皮が引きつるような痛みを感じることもあります。痛みに耐えかねて勃起が維持できなくなり、いわゆる「中折れ」の原因にもなり得ます。
また、痛みを感じない程度のカントン包茎であっても、しばしば持続時間に問題が生じます。普段から包皮におおわれている亀頭は刺激に慣れていないため敏感であり、早漏になりがちです。反対に、遅漏となるケースもあります。これは勃起時にも亀頭がごく一部しか露出しないタイプの場合で、逆に刺激が不十分となって射精までに時間がかかってしまいます。
さらに、これはカントン包茎を含むすべてのタイプの包茎に言えることですが、包茎状態の亀頭をパートナーに見られることが精神的な負い目となって、性的興奮が充分に得られずに機能が支障をきたすこともあります。

まとめ

カントン包茎は亀頭を露出させようとすればさせられるため仮性包茎の一種に含まれることもありますが、デメリットの多さでは真性包茎にかなり近いと言えます。放置しておけば自分の身に不都合が生じるだけでなく、感染症へのかかりやすさからパートナーに迷惑をかけてしまうおそれもあるため、自覚がある時は専門医に診てもらうことが推奨されます。きちんと治療を行えば機能面における問題を解決できるばかりでなく、気持ちの上でも自信が持てるようになります。